カテゴリー「タックスヘイブン」の3件の記事

2014年11月24日 (月)

合田寛著「タックスヘイブンに迫る」を読んで (2014.9.25新日本出版社刊、1700円)・・・・・・資本主義の聖域、タックスヘイブンに迫る好著

 税制や会計の問題に詳しく、その為もあって当ブログでもその著書や、雑誌への掲載論文のいくつかをご紹介してきた合田寛氏が、最近、タックスヘイブンについての単行本を発行されたのでご紹介する。TAXHAVEN、直訳すれば、「税金からの避難港」については言葉を耳にする機会は増えてきたものの、まだその意味や実態が理解されていない分野だとも言えよう。

《『アベノミクス』批判の舞台》
 12月14日投票の総選挙の大きな争点の一つとなる『アベノミクス』の舞台は、国際生産投資の獲得をめぐる国際輸出・技術競争力競争。アベノミクスは、労働力の流動化によって安くて効率の高い労働力を作り出し、法人税の安い、法人による社会保障負担の低いビジネス環境を作ろうとしているわけである。
 しかし円安で交易条件を高め、膨大な流動性を市場に供給し、個人消費と法人設備投資を刺激し、消費増税後のGDPの反動減を小さくしようという思惑も失敗に帰した。駆け込み需要のあった2014年1-3月期実質GDP前期比 +1.5%、,駆け込み需要の剥げ落ちた4-6月期、-1.7%、7-9月期-0.4%と、増税に対応しての消費需要減が『成長政策』に先行している形だ。
 この『アベノミクス』の誤りを分析する際にも国際金融資本の資金の流れを追うタックスヘイブンの分析手法が必要となると思われる。

《開拓者として》
・この分野の開拓者としてのご苦労を思い、著作への感謝に耐えない。サミットから市民運動まで、税務・会計・経済から政治・地理まで、広い知見が示された。今後参考とすべき基礎資料の整備としても助けとなるものである。この書は、タックスヘイブン問題が身近で放置できないものだという警鐘を鳴らすと同時に、欧米に比べ遅れている日本での運動の喚起を訴える啓蒙の書でもある。以下、重要と思われる論点を紹介する。

《タックスヘイブンを利用した目に余る課税逃れ》
・毎年、売上17 兆円、利益3 兆円、フルタイムの正規雇用だけでも8 万人を越えるアップル社が、まったく納税していなかった。同社だけでなく、ほとんどの大企業がタックスヘイブンを利用した課税逃れに取り組んでいる。
・海浜リゾートのイメージに重ねられがちなタックスヘイブンを舞台にした課税逃れの仕組みは、「タックスプランニング」という言葉に美化され会計士事務所や法律事務所から提供されている。ヤシの木の背後には多国籍企業や巨大銀行、法律会計事務所によるグローバルなネットワークが浮かび上がってくる。

続きを読む "合田寛著「タックスヘイブンに迫る」を読んで (2014.9.25新日本出版社刊、1700円)・・・・・・資本主義の聖域、タックスヘイブンに迫る好著"

| コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

志賀櫻著「タックスヘイブン:逃げていく税金」を読んで

[《目次》
1.タックスヘイブンを活用した、大企業、富裕個人層の《節税?》《脱税》の実態に、元財務省官僚が警鐘
2.タックスヘイブンとは何か(タックスヘイブンで何が行われているか)
3.タックスヘイブンの役割を可能にする三つの特徴と、その多重的構造
4.タックスヘイブンとの闘い
・・・・・・
1.タックスヘイブンを活用した、大企業、富裕個人層の《節税?》《脱税》の実態に、元財務省官僚が警鐘

・著者の志賀氏は、大蔵省に入省後、主税局国際租税課長、主計局主計官、金融監督庁国際担当参事官兼FSF日本国メンバー等、タックスヘイブン問題に直接携わってきた。その著者が、「正直に税金を収めている市民の知らないところで、タックスヘイブンを舞台に所得分配の公平を著しく損なう悪事が行われているのである。その悪事による弊害はめぐりめぐって、市民の生活はおろか、一国の財政基盤をも揺るがし、さらには世界経済を危機に陥れている。…秘密のヴェールに包まれたタックスヘイブンの真相を解明し、タックスヘイブンのもたらす害悪に警鐘を鳴らすことが本書のメッセージである」としている。(本書P.4-5、以下頁のみを記す。)確かに本書は,タックスヘイブン問題について日本政府で責任ある立場にいた人による、卒直な批判的分析として稀有なものと言えよう。
・又、「過去においても問題とされてきたタックスヘイブン問題だが、これまではシティやウォール街の抵抗が強く骨抜きにされてきた。しかし、2001.9.11のテロ事件、2008年の経済危機を経て、タックスヘイブン問題に対する世論の見方は厳しさを大きく増している。更に金融安定化政策の下、緊縮政策を国民に強いているタイミングでもあり、各国の政府財界としても、税の捕捉率を高めてゆくことを検討せざるをえなくなっているようにも見える。
・わが国でのタックスヘイブンに対する関心はこれまではさほど高いものとはいえなかったが、財政赤字を口実に、社会福祉の切り捨てと消費税率の引き上げに取り組もうとしている時、志賀氏の警鐘に耳を傾け、タックスヘイブンを無くしてゆく国際的運動に日本政府として積極的役割が果たせるようにしてゆく必要があろう。
・尚、本書評は、志賀櫻氏著「タックスヘイブン―逃げていく税金(2013年3月岩波書店刊:岩波新書)」を評するものであるが、併せて、雑誌経済2012年12月号掲載論文、合田寛著「タックスヘイブン…グローバル資本主義の聖域」をも紹介している。両書を合わせ読むことによって問題への理解が深まると思われたからである。

続きを読む "志賀櫻著「タックスヘイブン:逃げていく税金」を読んで"

| コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

書評:合田寛「タックスヘイブン:グローバル資本主義の聖域」を読んで

 「経済2012年12月号」(新日本出版社11月8日刊)に、合田寛さんのタックスヘイブンをテーマにした掲題論稿が掲載されたので早速読んでみた。合田さんは昨年末に、「格差社会と大増税」という「税と社会福祉の一体化政策」を批判する著書をタイムリーに出版され、当ブログでも紹介した経緯があった。今回合田氏は国際税制の大問題でありながら余り深められて来なかったタックスヘイブン問題に取り組み、素朴な問いかけから入りながら、問題の本質に鋭く切り込んでいる。先ず、目次は以下の通りである。

1.タックスヘイブンとは何か
2.想像を超える規模
3.見えざるネットワーク
4.タックスヘイブンは世界をどうゆがめているか
(1)タックスヘイブンと金融危機
(2)タックスヘイブンと税の回避
(3)タックスヘイブンと途上国
(4)タックスヘイブンと国際的犯罪
5.タックスヘイブンのネットワークは誰が動かしているのか
6・タックスヘイブンとのたたかい

 どれも、誰もが持つ疑問である。合田氏は、内外の豊富な資料を分析し下記のように答えている。(以下、合田氏の論稿の概要を紹介するが、要約するにあたって、引用は自由な引用をさせていただいた。)

続きを読む "書評:合田寛「タックスヘイブン:グローバル資本主義の聖域」を読んで"

| コメント (0) | トラックバック (0)