« 戦後日本経済の変遷と国政選挙での政党得票状況の推移 | トップページ | ユーロメモランダム2014: 深まる欧州の分岐とEU政策への抜本的代替案の必要性 »

2014年1月21日 (火)

米国財政運営体制の正常化の動きと共和党内での内訌について

・ 沖縄の基地問題、東京都知事選挙や靖国問題が喫緊の問題となっている時に、ポイントから外れたテーマで恐縮です。とは言いながら都知事選について一口触れると、①政策本位で評価しよう、②その政策の実現に責任の持てる人を選ぼう、ということです。例えば、細川護煕氏は、熊本県知事以前の参議院議員時代は自民党田中派に属し、日本新党党首として8党派連立政権の首相を務めた時も行ったことは、政治腐敗への対応の名の下での衆院選への小選挙区制導入でした。そして1年持たずに、佐川急便からの1億円「借り入れ」疑惑によって退任に追い込まれました。猪瀬知事が責任を問われた5千万円の2倍の金額です。更には、新自由主義を持ち込んだ小泉元首相迄応援しているというのです。対する宇都宮けんじ氏は、庶民のために貧困の原因と戦う弁護士として一貫して運動してきました。反貧困ネットワーク代表、年越し派遣村村長として、組織力、統率力も試され済みです。次いで、今回のテーマ、米国の財政問題です。

・ さて、先の10月16日、翌日には連邦債務上限を突破し、デフォルト(債務不履行)が必至となる状況のもとで、ねじれ関係にあった上下両院間で財政協議が合意されたことは当時から共和党の政治的敗北として報道されていました。私も雑誌「経済2014年1月号」(2013年12月8日新日本出版社刊)のコラム「世界と日本」に「米財政、デフォルト回避」を投稿し、予算を人質に取り、政府機能を停滞させる共和党の戦略への国民の批判の高まりと、下院での得票率で1.3%民主党を下回った共和党が議席の上では33議席多いという状況の不自然さについて触れました。
 ← 「米財政、デフォルト回避(1)」 「sekaitonihon-beikokuzaisei-deforutokaihi-keizai2014-1-8p.pdf」をダウンロード
 ← 「米財政、デフォルト回避(2)」 「sekaitonihon-beikokuzaisei-deforutowokaihi-keizai-2014-1-9p.pdf」をダウンロード

・その後、12月に2年間(2014~2015年度)の予算協定への合意、1月に2014年度予算(2013/10~2014/9)の可決と、2013年10月の財政協議の合意を具体化してきました。しかし、この間(2013/9~2014/1)の合意形成過程は米国・民主党と共和党との間の権力闘争と、共和党内での権力闘争の場でもありました。そして、米国の政策形成過程や、景気動向が米国のみならず世界に影響をあたえるものであることを考えると、これらの問題に対する関心は欠かせません。

・ 今回は、最近の重要な採否事項がどの様な票の構成によって採決されてきたか、議員たちは状況をどのように評価してきたかをニューヨーク・タイムズ等での報道を見る中で、考えてみました。米国の医療保障制度問題についても紹介します。もう少し読んでみようという方は下記をクリックしてください。

 ←「beikokuzaiseiuneitaiseino_seijoukano_ugoki.pdf」をダウンロード

 森史朗(和泉通信 2014/01/21)

« 戦後日本経済の変遷と国政選挙での政党得票状況の推移 | トップページ | ユーロメモランダム2014: 深まる欧州の分岐とEU政策への抜本的代替案の必要性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534637/58973845

この記事へのトラックバック一覧です: 米国財政運営体制の正常化の動きと共和党内での内訌について:

« 戦後日本経済の変遷と国政選挙での政党得票状況の推移 | トップページ | ユーロメモランダム2014: 深まる欧州の分岐とEU政策への抜本的代替案の必要性 »