« せと一正衆議院議員共産党大阪第5区予定候補者レポート①② | トップページ | 書評:合田寛「タックスヘイブン:グローバル資本主義の聖域」を読んで »

2012年10月29日 (月)

2008年国際金融経済危機の原因とカンヌG20以降の新たな争点

 もう1月も前のこととなりますが、2012年09月23日に、金融労働研究ネットワーク研究会というところで、研究発表の場をいただきました。レジュメはパワーポイントで作りました。論考に纏めたいという気持ちもあったのですが、今回はパワーポイント版のままレジュメを改定するにとどめました。文章中心のブログ記事ですが表と文章には大分違いが出て来ます。表形式の方が分かりやすい項目も出てくるでしょう。

 テーマと目次は以下の通りです。 各項目A4サイズ1頁ですので、表紙を入れて7頁の小論です。

《2008年国際金経済危機の原因と、カンヌG20以降の新たな争点》
 ①「財政健全化」の名の下での新自由主義の復活
 ②戦後の国際金融通貨制度の変遷
 ③今回の危機の源に対するスティグリッツの視点
 ④カンヌG20の残した課題…新たな争点
 ⑤歪みのない世界への指針…スティグリッツの政策提案
 付、欧州財政通貨危機をどう見るか。

「スティグリッツ国連報告」の翻訳を出版したのが2011年1月、続いてサルコジ仏大統領へのカンヌG20についての諮問回答の翻訳を5月にぶログに掲載、2012年1月に「経済2012年2月号に論考「G20とスティグリッツの戦略」を掲載してきました。そしてカンヌG20を一つのピークにギリシャ財務金融危機が欧州危機に拡大してくる中で、財政健全化のための緊縮政策の名の下に新自由主義の復活してくる姿を見出し、日本における消費税引き上げの動きと合わせ批判を強めてきました。本件レジュメは、これらの問題を事項別にまとめたものと言えます。スティグリッツの考え方を整理してみようとする方にお役立ちできると思います。また、今回の危機の仕組みへの理解、危機への対策の指針を得られるのではないでしょうか。

 パワーポイント・PDF → 「2008nen-kokusaikinnyuutuukakikinogenninnto-kannuG20-ikouno-aratanasoutenkaiteiban.pdf」をダウンロード

以上、

森史朗(和泉通信ブログ) 2012/10/29

« せと一正衆議院議員共産党大阪第5区予定候補者レポート①② | トップページ | 書評:合田寛「タックスヘイブン:グローバル資本主義の聖域」を読んで »

欧州経済財政危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534637/55994028

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年国際金融経済危機の原因とカンヌG20以降の新たな争点:

« せと一正衆議院議員共産党大阪第5区予定候補者レポート①② | トップページ | 書評:合田寛「タックスヘイブン:グローバル資本主義の聖域」を読んで »