« 書籍『スティグリッツ国連報告』の発注方法 | トップページ | 中東現代史を振り返り、中東問題を考える(5/5) »

2011年1月13日 (木)

「スティグリッツ国連報告」正誤表及び追加説明一欄(2011/04/18現在)

 最初の本を発送してから半月が経ちました。この間に熱心な読者から翻訳の誤りのご指摘、改善のためのご提案をいただきました。今回はその検討の結果を掲載します。たくさんの誤りが指摘されるのは、恥ずかしいことですが、誤りが読者に早く連絡され、お読みいただく上でつまずきが無くなることは本書の普及に取って重要です。皆さんもこの本が普及するよう願っていて下さいました。今後も、新しい発見があれば追記してゆくこととします。
 1/09第1回改訂
2/23第2回改訂(第二章、45、52,56,60,82,94,95,116項を訂正しました。)
  3/05第3回改訂(第三章、6..33.51.58.65.71.91項を訂正しました。)
  4/18第4回改訂(第三章、96.111.112.115.149.161.162.163.194項を訂正しました。)
10/17第5回訂正(第五章、56項を訂正しました。)

以上、

森 史朗 2011/01/09(ブログ掲載日:2011/01/13)

P.S. 引用した文の中の問題となっている部分に下線を引きました。(2011/01/17-18に追記)

「スティグリッツ国連報告」正誤表及び追加説明一覧
(2011/01/09現在)

p.12、第一章、10項、下から3行目

誤)・・・委員会は、自身の課題を補足的なものと位置づけ、貧困と開発の危機への影響と危機への対応と共に、危機の原因にも焦点を求めることとした。

正)・・・委員会は、自身の課題を補足的なものと位置づけ、貧困と開発への危機の影響と、その危機への対応と共に、危機の原因にも焦点を求めることとした。

原典)・・・the Commission sees its own work as complementary, seeking to focus on the origins of the crisis as well as the impacts of and responses to the crisis on poverty and development.

p.18、第一章、24項

誤)米国の通貨政策の運用は、1980年代の終わりの不動産危機と新千年紀の始まりに起こった情報産業株式バブルを合わせた需要への、潜在的負の影響を相殺することに焦点が置かれていた。それはこうして世界の総需要を支え、一方で世界的収支の不均衡の原因となるものであった。その不均衡は、ほとんどの国で起こっている所得格差の拡大によって悪化してきているものであった

正)米国の通貨政策の運用は、1980年代の終わりの不動産危機と新千年紀の始まりに起こった情報産業株式バブルを合わせた需要への、潜在的負の影響を相殺することに焦点が置かれていた。それはこうして世界の総需要を支え、一方で世界的収支の不均衡の原因となるものであった。その不均衡は、ほとんどの国で起っている所得格差の拡大によって悪化してきているものでもあった

追加説明)当時の米国通貨経済政策は、二つの危機によりもたらされた過大な需要が急失速するのを抑え、軟着陸できるように、ある程度の需要を維持してゆくことであった。それは世界の総需要を支えることにもなったが、一方、米国の国際収支を悪化させるものであった。米国をはじめ多くの国の国際収支の不均衡は、各国での所得格差の拡大によって悪化してきているものでもあった。

原典)The conduct of monetary policy in the United States has been focused on offsetting the potential negative impact on aggregate demand of the real estate crisis at the end of the 1980s and the collapse of the information technology equity bubble at the beginning of the new millennium. It thus acted to support global aggregate demand and contributed to global imbalances that were also aggravated by increasing income inequality in most countries.

p.44、第二章、45項の上から6-9行目

直訳)…一方、これらの施策は、最高の意図、すなわち社会保障の極大化のために導入されるが、導入国は貿易原則を公平に扱うことを尊重せず、それが他国に模倣されると、非生産的になりがちである。これほど多くの国が既にこのような保護主義政策を導入したという事実は心配の種と見ていかなければならない。

意訳)…一方、これらの施策は、最高の意図、すなわち社会保障の極大化のために導入されたとしても、導入国は貿易原則を公平に扱うことを尊重しないのであり、それが他国に模倣されると、非生産的になりがちである。これほど多くの国が既にこのような保護主義政策を導入したという事実は心配の種である。

原典)While these measures may be introduced with the best of intentions, to maximize social protection, they may not respect equal treatment trade principles and, when imitated by others, are likely to be counterproductive. The fact that so many countries have already introduced such protectionist measures should be viewed as a cause of concern.

p.45、第二章、49-56項の表題

誤)(3)通貨政策と金融市場の再編

正)(3)金融政策と金融市場の再編

原典)Monetary Policy and Restructuring Financial Markets

追加説明)読者の方から貴重なご指摘を頂きました。私は「通貨政策」をMonetary Policy の訳語として、この翻訳の中で一貫して充当して来ました。適用箇所は第一章から第五章にわたる30箇所です。また、「金融政策」は、Financial Policy の訳語として利用し、利用箇所は12箇所で、すべて第三章に固まっています。一般にMonetary Policy は、「金融政策」とも、「通貨政策」とも訳されていますので、本書でも、この言葉を一律に「通貨政策」と訳さず、話題に沿って「金融政策」と「通貨政策」に分けて使うということが必要であったのではないか、少なくともp.45の部分は「金融政策」の方が分かりやすいとのご指摘でした。
 読者の方からいただいたFED(米連邦準備銀行)の資料によるとMonetary Policy とは、国民経済の目標を推進する手段として資金調達の難易や資金や信用のコストに中央銀行が影響を与えようとするものであるとされています。ウィキペディアの「金融政策」の、「金融政策(monetary policy)は、中央銀行が行う金融面からの経済政策のこと。財政政策とならぶ経済政策の柱である。」という定義と重なります。スティグリッツは、中央銀行がインフレのみに関心がいっていると批判的ですが、金融政策は通貨政策と視角は異なっても基本的に同義の部分もあるのです。くどい文章になりましたが、結論的には、「通貨政策」は(通貨政策を含意した)「金融政策」と読み替えて、その上で、スティグリッツが、金融政策のあり方をどう批判しているかを読み取っていくということになるのでしょう。
 それ以上に重要なことは、「金融政策」(financial policy)の訳語の妥当性です。金融規制と安定性について書いてある第三章のみに出てきていることからも、意訳すると「金融行政政策」或いは「金融市場・機関政策」という訳語がふさわしいと思われました。日本でいえば金融庁が担当している分野です。
 ここでは敢えて訳語を変更しないとしても、financial policy は。このような分野の「金融政策」を意味すると意識して読むべきなのでしょう。

p.47、第二章、52項、下から2-1行目

直訳)…そしてできる限り、これらのコストが公的領域に示されるようにすることが重要である。

意訳)そしてできる限り、これらのコストが公開されるようにすることが重要である。

原典)It is important…and, to the extent possible, that those costs are reflected in the public domain.

p.48、56項の上から6行目

誤)不況の抑制とインフレを起こすことの間のトレ-ドオフ(二律背反)は国毎に異なるが、現時点では拡張政策での国際協調が必要である。

正)不況の回避とインフレを起こすことの間のトレ-ドオフ(二律背反)は国毎に異なるが、現時点では拡張政策での国際協調が必要である。

原典)While trade-offs between preventing downturns and causing inflation will differ from country to country, at the current juncture, there is a need for global coordination of expansionary policy.

p.50、第二章、60項の上から12行目

誤)…後者の方法は、明示的な保障のない債権

正)…後者の方法(税金による救済…訳者)は、明示的な保証のない債権

原典)The latter approach, by subsidizing bondholders who did not have explicit guarantees, may serve to strengthen problems of moral hazard in the future,

p.58、第二章、82項の下から3行目

誤)…彼らは金利という一つの手段しか待っていなかったと訴えた。

正)…彼らは金利という一つの手段しか持っていなかったと訴えた。

P.63、第二章、94項のした私が行目
 
誤)…実際、公正なベースで支払を受けていない。

追加)…実際、保険数理的に公正なベースで支払を受けていない。

原典)…Most countries providing such extended guarantees have made no attempt to ensure that those receiving these guarantees pay for them on an actuarially fair basis.

P.63、第二章、95項の上から2行目

誤)…それらは国内資源が十分ではなかった。

正)…それらは国内資源が十分ではないこともあった。

原典)…They may not have sufficient domestic resources,

p.69、第二章、116項の上から5行目

誤)それらは、政府を支え、途上国の金融システムを支援し、そして企業借り入れのためのものでもある。

正)それらは、政府を支え、途上国の金融システムを支援し、そして企業に資金を貸与するためのものでもある。

p.78、第三章、6項の上から2及び4行目

誤)多くの国で金融市場がそれらのなすべき役割を果たさず、他の部門でもっと社会的に生産的であった希少な資源を転用している間に、新たな悪しき社会的結果がもたらされた。金融市場での補償制度は膨大な社会的不平等と経済的混乱をもたらした。

正)多くの国で金融市場がそれらのなすべき役割を果たさず、他の部門でもっと社会的に生産的であり得た希少な資源を転用している間に、新たな悪しき社会的結果がもたらされた。金融市場での報酬制度は膨大な社会的不平等と経済的混乱をもたらした。

原典)While in many countries financial markets did not perform the roles that they should have and diverted scarce resources from other sectors where they might have been more socially productive,
there have been other adverse social consequences. Compensation schemes in financial markets resulted in huge societal inequalities, and the economic disruptions...

p.87、第三章、33項の上から2、3,4行目

誤)政府は、「様々なフォームの規制と、監督機関の関係」、「規制と、政府政策のその他の手段の関係に気づいている必要がある。全ての政策は、社会のあらゆるメンバーの支持を得て、金融市場がそれらの重要な役割を果たしていることを証明しようとするものであった。

正)政府は、「様々なフォームの規制と、監督機関の関係」、「規制と、政府政策のその他の手段の関係」を理解している必要がある。全ての政策は、社会のあらゆるメンバーの支持を得て、金融市場がその重要な役割を果たしていることを保証しようとするものであった。

原典)Governments need to be aware of the relationships among the various forms of regulation and regulatory institutions and the relationship between regulations and other instruments of government policy, all of which are aimed at ensuring that financial markets perform their vital role in support of all members of society.

p.92、第三章、51項の見出し及び1行目

誤)1.鍵となる信頼と信認(自信)の役割と規制の役割
51.信頼と自信が本質的であるのは、

正)鍵となる信頼と信認の役割と規制の役割
51.信頼と信認が本質的であるのは、

p.95、第三章、58項、上から4行目

誤)すなわち、ストック・オプションに基づく役員保障

正)すなわち、ストック・オプションに基づく役員報酬スキームに関連したインセンティブ

原典)incentives associated with executive compensation schemes based on stock options.

p.98、第三章、65項の下から、2,6,7行目

誤)株式市場での成績に大きく依存する保障システムは、歪んだ情報の供給への強いインセンティブをもたらす。この論議は保障の形を制限するという新たな議論をもたらした(これらに追加してより広い議論が以下で展開される)。もっと一般的にいえば、ここには、特に不適切な企業統治の行われている経済では、透明性を低めようとする経営上のインセンティブが存在する。低下した透明性は買収の脅威を低下させ、自身の補償を高める能力を高める可能性がある。

正)株式市場での成績に大きく依存する報酬システムは、歪んだ情報の供給への強いインセンティブをもたらす。この論議は報酬の形を制限するという新たな議論をもたらした。(これらに追加してより広い議論が以下で展開される)。もっと一般的にいえば、ここには、特に不適切な企業統治の行われている経済では、透明性を低めようとする経営上のインセンティブが存在する。低下した透明性は買収の脅威を低下させ、自身の報酬を高める能力を強める可能性がある。

原典)Compensation systems relying heavily on stock market performance provide strong incentives for the provision of distorted information. This provides a further argument for restricting the form of compensation (in addition to those discussed more extensively below). More generally, there are managerial incentives to reducing transparency, especially in economies with inadequate corporate governance. Reduced transparency may reduce the threat of a take-over and may enhance the ability of executives to enhance their compensation.

p.100、第三章、71項の上から8行目

誤)インセンティブ補償制度

正)インセンティブ報酬制度

p.107、第三章、91項の上から2行目

誤)或いは経済や国民にシステム上のリスクもたらす分野で

正)或いは経済や国民にシステム上のリスクをもたらす分野で

p.114、第三章、111項の上から二行目

誤)適切な取引相手リスクも充分に評価しないで

正)取引相手リスクも充分に評価しないで

p.115、第三章、112項の上から6行目

誤)(正確にいうと 1/30 x 100 = 3.3…%、訳者)

正)(正確にいうと 1/31 x 100 = 3.226%、訳者)

p.115-6、第三章、115項

誤)ひとつの理由は、このような制限は、実際、より大きなリスクテイクに誘い込むことになるということである。なぜなら、一般の企業はもっと多くのリスクにさらされた富を持っているのに、(リスク対策の進んでいる…訳者)銀行ののれん代となる営業免許価値(franchise value )は減価している。銀行の存続を脅かすものがあるとしても、賭けで失うものもそれだけ.少なくなっているのである。

正)ひとつの理由は、このような規制は、実際、より大きなリスクテイクに誘い込むことになるということである。なぜなら、企業としてはもっと多くのリスクにさらされた富を持っているのに、(存続を前提にした)銀行ののれん代となる営業免許価値(franchise value )は減価してしまうのである。銀行の存続を脅かすものがあるとしても、賭けで失うものも少なくなってしまうのである。.


p.125、第三章、149項(センテンス毎に①―④まで番号を振った。)

誤)①標準的独占禁止政策が実施される必要がある。しかし、過大な経済集積の標準的基準(上位4企業の市場シェア、或いは市場価格決定力)は、金融市場のコンテクストから、完全に適切であるとは言えない。②これらの基準は、金融機関が倒産させるには大きすぎる、或いは金融的にリストラクチャリングするには大きすぎるという危機にあるのか否かの評価によって補充される必要がある。③このように大きな金融機関は解体され、金融機関が倒産させるには大きすぎる、或いは金融的にリストラクチャリングするには大きすぎるということにならないように大きさを制限されるべきである。④規模により経済上の重要性を示すもの、経済や公的金融にリスクを保証せよといえる最小の充分な規模を示すものは殆どない。

正)①標準的独占禁止政策が実施される必要がある。しかし、過大な経済集積を測る通常の基準(上位4企業の市場シェア、或いは市場価格決定力)は、金融市場に当てはめてみると、全く問題がないとは言えない。②これらの基準は、金融機関が倒産させるには大きすぎる、或いは金融的にリストラクチャリングするには大きすぎるという危機にあるのか否かの評価によって補充される必要がある。③このように大きな金融機関は解体されなければならず、金融機関が、倒産させるには大きすぎる、或いは金融的にリストラクチャリングするには大きすぎるということにならないように、大きさを制限されるべきである。④少なくとも、経済や公的資金がさらされたリスクを保証するに足るだけの「規模の経済」を約束する何の根拠もない

原典)149.① Standard antitrust policies should be implemented, but the usual metrics for excessive economic concentration (share of the top four firms in the market, or the ability to determine market prices) may not be totally adequate in the context of financial markets. ②These criteria may need to be supplemented by an assessment of whether the financial institution is at risk of being too big to fail or too big to be financially restructured.③ Such large institutions should be broken up and limited in size so that they are not too big to fail and certainly not too big to be financially resolved. ④There is little evidence of significant economies of scale or scope, at least of sufficient magnitude, to warrant the risks imposed on the economy and the public finances.

説明)先ず①の文章です。「過大な経済集積を測る基準」とすることで、「過大な」が「基準」にではなく、「経済集積」に掛かることを示します。その基準(上位4企業の市場シェア、或いは市場価格決定力)」は、「金融市場のコンテクスト(状況)」から見ると、「完全に適切であるとは言えない。」という直訳を得ることができますが、「金融市場に当てはめてみると、全く問題がないとは言えない」と意訳することで一層解りやすくなります。②は変更点なし。③の変更点は「このように大きな金融機関は解体されなければならず、…」とすることにより、大規模金融機関の解体の必要性を、前の表現よりも強く打ち出したことです。「このように大きな金融機関は、TBTF、TBTRにならないように解体されなければならない」、というのがここでのスティグリッツの結論です。「少なくとも、経済や公的資金がさらされたリスクを保証するに足るだけの『規模の経済』を約束する何の根拠もない。」、と。規模の経済が公的資金の導入を正当化する理由にならないことが書かれています。

p.129,第三章、161項、下から五行目

誤)これらの危機に寄与した。

正)これらの危機の分析に寄与した。

<p.162、第三章、162項、1-2行目

誤)資産の置いてある領域の国の政府

正)資産の存在する領域の国の政府

p.130、第三章、163項、3行目

誤)もし国の安全保障が一国でのオーナーシップの制限理由を提供してきた時は、他の国にも同様のオーナーシップを制限する理由付けをすることが前提となる。

正)もし国の安全保障問題を理由に一方の国でのオーナーシップに制限を付してきた時は、相手にも同様のオーナーシップを制限することが前提となる。

p.129、第三章、175項、上から3行目

誤)…更に、巨大銀行を倒産しないものとみなして延長して試みること(ongoing basis)は、管理されたリストラクチャリングを役人に準備させることができる。これらの巨大金融機関にどの程度まで監督官に対する不透明さが許容されるかという基準はない。監督官は、常に緊急の決断の準備ができていなければならないのである。

正)…更に、巨大銀行を直ちに倒産しないものとみなして継続して考査すること(ongoing basis)は、管理されたリストラクチャリングを役人に準備させることができる。これらの巨大金融機関にどの程度まで監督官に対する不透明さが許容されるかという基準はない。監督官は、常に緊急の決断の準備ができていなければならないのである。

原典)In addition, extensive examination of large institutions on an ongoing basis can prepare officials for controlled restructuring. There is not a basis for allowing these large institutions any degree of opacity vis-à-vis regulators, who must always be prepared for the contingency of a resolution.

説明)Ongoing basis:ここでは、ongoing basis での銀行検査の性格について、より正しく説明しました。当面営業が継続される方向で検査を開始、継続するが、ongoing basis で始まってもそれが続くとは限らないということです。 甘く見られている時には、監督官は、常に緊急の決断の準備ができていなければならない、と項の終わりで述べています。

p.140、第三章、194項5-7

誤)そして金融システム安定委員会(他の委員会の中でも特に、金融機関の間の相互連関に注意を払い、一つの失敗が二つの失敗につながって行く脆弱性を持っている)

正)そして金融システム安定委員会(他の委員会の中でも特に、一つの失敗が二つの失敗につながって行く脆弱性を持っている金融機関の間の相互連関に注意を払うべき。)

同上、下から1-3行目

誤)価格の希薄化の過大評価のリスクにさらされている方法論としては、(保守的方法の採用は…訳者)希薄化を過小評価している人々から歓迎されるであろう。

価格の希薄化の程度を過大に評価するリスクにさらされている方法論としては、(保守的方法の採用は…訳者)希薄化の程度を小さく評価している人々から歓迎されるであろう。

p.196、第五章、3項、上から2行目

誤)国内通貨(USドル)を国際準備通貨として使用することの問題である。

正)国民通貨(USドル)を国際準備通貨として使用することの問題である。

追加説明)「国内通貨」は a national currency の訳語として使用しました。しかし一般に経済学では「国民通貨」という言葉が対応しています。国民国家、国民経済に対応する通貨を意味します。「national currency」はこの本では、第五章に5箇所出てきます。そのうち「国内通貨」と4回、「一国の通貨」と1回訳しています。p・208の第35項の原典 ” This is what would give the ICCs (or SDRs) the character of an international reserve currency, the same way that acceptance by citizens of payments in a national currency gives it the character of domestic money.“ 和訳は以下の通りです。「これがICC(或いはSDR)に国際準備通貨の性格を与えるものである。国民による支払いが一国の通貨(a national currency)に国内通貨(domestic money)の性格を与えているのと同様である。」
他の4箇所でnational currencyを国内通貨と訳しても大きな違いはないように見えますが、国民通貨と国際通貨との違いをそれらの持つ基本機能がどう違っているかという厳密な貨幣論から問題を見てゆくためには曖昧にできない訳語です。

p.203、第五章、19項、1行目

誤)どの特定の国の経済とも外部関係の位置にない(隣接等特別な関係にない…訳者)国際準備通貨は…

正)その創造に当たって、いかなる特定の国民経済の対外ポジションとも結びついていない国際準備通貨は…

原典)A global reserve currency whose creation is not linked to the external position of any particular national economy

説明)訳者による、externalities と external position の混同による誤り。

p.203、第五章、21項の上から5行目

誤)為替相場準備

正)外貨準備

原典)foreign exchange reserves

説明)英文を直訳した「外為準備」であればそれでも構わないとも言えますが、「相場」という言葉が入るのは誤りでした。但し、「外為準備」という言葉より「外貨準備」という呼び方のほうが一般的です。

p.205、第五章、24項の下から3行目

誤)それに、もし準備制度のように、ドルへの信認が低下した場合には、…

正)…もし準備制度としてのドルへの信認が低下した場合には、…

原典)Besides, if confidence in the dollar as a reserve system erodes

p.206、第五章、28項の上から3行目

誤)もし各国が世界市場の不確実な状況への対応として預金の増加と、高い国際準備を選択した場合

正)もし各国が世界市場の不確実な状況への対応として貯蓄の増加と、高い国際準備を選択した場合、…

原典)If countries choose increased savings and higher international reserves as a response to the uncertainty of global market conditions, …

説明)通常、消費、投資に対応する「貯蓄」の英語は savings が対応します。預金は通常、銀行に預入されたものを言い、貯蓄の一部をなします。

p.206、第五章、29項の1行目

誤)米国国内負債と米国連邦銀行貸借対照表が増大したことは、…

正)米国国内負債と米国連邦準備銀行貸借対照表の規模が増大したことは、…

原典)The increases in the U.S. national debt and the size of the balance sheet of the U.S. Federal Reserve

説明)翻訳者の注意不足によるミスです。難しい英文では全くありません、

p.207、第五章、31項下から、5行目

直訳)外為準備保有国

意訳)外貨準備保有国

原典)foreign exchange reserve holding countries

追加説明)英語にも、foreign reserve、foreign exchange reserve等、同義の言葉を複数持つことがあります。日本語にも同様のことが言えられれば外為準備もあり得るということになりますが、実際には同義の言葉には代表的な呼称が利用されるようになりました。ここでは、外貨準備が該当します。

p.207、第五章、32項の表題

誤)新しい国際準備通貨制度の機関構成

正)新しい国際準備通貨制度の制度的枠組み

原典)Institutional frameworks for a new global reserve system

説明)「制度的枠組み」は、「institutional framework(s)」の一般的訳語です。P.172、第四章、50項の上から4行目でも使っています。

p.216、第五章、56項の上から12行目

誤)北朝鮮

正)韓国

原典)Republic of Korea

説明)北朝鮮は、Democratic People's Republic of Korea が正式英語呼称。

p.234、第五章、97項の3及び5行目

誤)このような仕組みは既に世界の異なる地域で個別的に(locally in different areas)運営されている。彼等は消費者に所与の公共財の内でそれを製造、或いは、保護している人々に負担されているコストの一部を補償することを許し彼等は公共財の供給のためのインセンティブを提供する。

正)このような仕組みは既に世界の異なる地域で個別的に(locally in different areas)運営されている。それらは消費者に所与の公共財の内でそれを製造、或いは、保護している人々に負担されているコストの一部を補償することを可能にしそしてそれらは又、公共財の供給のためのインセンティブを提供する。

原典)Such schemes are already in operation locally in different areas of the world. They allow for consumers of a given public good to compensate for some of the costs borne by those producing or preserving it, and they provide incentives for the provision of the good.

説明)二つの彼等は、「このような仕組み」を示しています。そのため、代名詞を「彼等」から「それら」に変更。又、「allow」の訳を「許す」から「可能にする」に意訳しました。

p.235、第五章、98項の下から5~4行目

直訳)なぜなら、大きな証券取引センターは、積極的な集塊外部性を示し取引に課される少額の税金は取引の他の方法への移行や取引の少額化には及ばない。

意訳)なぜなら、大きな証券取引センターは、積極的に周りの取引を取り込み更に大きくなってゆく傾向を持っており、取引にわずかの課税をしてもその取引がよそに逃げたり、縮小したりはしない。

because large stock exchange centers exhibit positive agglomeration externalities, a small tax imposed on transactions would not lead to a flight of trading to alternative, smaller exchanges.

説明)直訳の内容自体が間違っているわけではありませんが、読み手に本当の理解を得られない場合があります。又それは、翻訳者自身が内容を理解していないことを隠すものでもあります。

p.241、第六章、11項の下から2行目

直訳)なぜなら、悪魔はしばしば詳細な部分に潜み、何かの原則についての合意宣言だけでは十分とはいえないからである。

意訳)なぜなら、悪魔はしばしば細部に宿り、何かの原則についての合意宣言だけでは十分とはいえないからである。

原典)Because the devil is often in the details, announcements of agreement on certain principles may not suffice.

説明)「神は細部に宿る(God is in the detail.)」ということわざは、「真理は細部に宿る」、「悪魔は細部に宿る」といった様々な表現に発展してきました。報告のここの部分はその変形のひとつとなります。こういう引用の時には、変更部分は大胆に変更し、共通部門は共通にしてゆくのが原則です。

以上、

森 史朗(翻訳者)

P.S.
メールアドレスをご連絡いただければ、今後も正誤連絡、読者のご意見などをお送りします。
連絡先:森 史朗 メールアドレス:forest-s2mori@nifty.com

尚、グループで購入された方には代表の方にのみご案内しております。メンバーの方にご転送いただくか、メンバーの方のメールアドレスを私宛ご連絡ください。私からご連絡するように致します。

« 書籍『スティグリッツ国連報告』の発注方法 | トップページ | 中東現代史を振り返り、中東問題を考える(5/5) »

スティグリッツ国連報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534637/50569166

この記事へのトラックバック一覧です: 「スティグリッツ国連報告」正誤表及び追加説明一欄(2011/04/18現在):

« 書籍『スティグリッツ国連報告』の発注方法 | トップページ | 中東現代史を振り返り、中東問題を考える(5/5) »